明桜高校野球部
トップ > 試合結果

試合結果

令和2年度

2020秋田県高等学校野球大会
決勝  優 勝
日付対戦相手結果
7/22 能代松陽 7-2
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
明桜 3 1 0 0 0 0 2 1 0 7
能代松陽 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2

投手 ― 捕手    橘高、長尾 ― 五十嵐

2塁打    下沢

 
試合経過 [対戦校:能代松陽高校]

本校は、初回1死1・3塁のチャンスで佐々木渉の打球が内野手のエラーを誘い、2点を先制。なおも2死2塁で五十嵐にタイムリーヒットが生まれ、3点目を挙げました。

2回には、1死1・3塁で田中が犠牲フライを放ち、4点目を追加。

7回は、田中のタイムリーヒットで2点追加、8回には、中峯のタイムリーヒットで1点追加して能代松陽高校を突き放しました。

先発の橘高は6回途中まで2失点の好投。リリーフした長尾は、残りを無失点に抑え、2020秋田県高校野球大会の優勝を勝ち取りました。

 




準決勝
日付対戦相手結果
7/20 由利 9-2
  1 2 3 4 5 6 7 8
由利 2 0 0 0 0 0 0 0 2
明桜 0 3 0 4 0 0 0 9

投手 ― 捕手    長尾 ― 五十嵐

2塁打    五十嵐、下沢

3塁打    五十嵐、平尾


 
試合経過 [対戦校:由利高校]

本校は、2回1死満塁の場面で下沢がライトに犠牲フライを放ち1点差に追い上げ、なおも2死2・3塁のチャンスで中井に2点タイムリーヒットが生まれ逆転。

4回には、中井の2点タイムリーヒット、佐々木渉の犠牲フライ、ダブルスチールで4点追加し由利高校を大きく突き放します。

8回には、2死3塁から下沢、中井の連続タイムリーヒットで2得点し、8回コールド勝ちで4年連続決勝進出を決めました。

先発した長尾は、8回を投げて14奪三振の好投。攻撃陣では、2番中井が5打点を挙げる活躍がありました。

 




準々決勝
日付対戦相手結果
7/18 秋田修英 5-3
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
秋田修英 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3
明桜 1 2 0 1 0 0 1 0 × 5

投手 ― 捕手    橘高、佐々木湧、風間 ― 五十嵐

2塁打    平尾、福井、下沢

 
試合経過 [対戦校:秋田修英高校]

本校は、初回2死2塁のチャンスで、4番平尾がライトへのタイムリーヒットを放ち先制します。

続く2回、1死1・3塁から中峯のタイムリーヒット、下沢の犠牲フライで2点追加。4回には、1死3塁のチャンスで中峯が犠牲フライを放ち、着実に得点を重ねます。

7回2死2塁の場面では、佐々木渉にタイムリーヒットが生まれ相手を突き放しました。8回途中からリリーフした風間は、9回に自己最速の150キロを計測、打者5人から4三振を奪う好投をしました。

投手陣は、橘高、佐々木湧、風間のリレーで相手の攻撃を抑えて準決勝進出を決めました。

 



3回戦
日付対戦相手結果
7/14 秋田西 10-1
  1 2 3 4 5 6 7
秋田西 1 0 0 0 0 0 0 1
明桜 2 3 0 1 2 2 × 10

投手 ― 捕手    長尾、風間 ― 五十嵐

2塁打    小野

3塁打    下沢

 
試合経過 [対戦校:秋田西高校]

本校は、初回に先制されましたが、その裏のチャンスを生かしました。2死1・3塁から5番佐々木渉のタイムリーヒットと押し出しで2得点し逆転に成功します。

続く2回は中井の犠牲フライなどで3点を追加。4回には五十嵐のタイムリーヒット、5回は下沢の右中間へのタイムリーヒット、田中の犠牲フライでさらに得点を重ねました。

6回、無死1・2塁の場面で代打小野が左中間への2点タイムリーヒットを放ち、10対1と相手を引き離します。

先発した長尾は多彩な変化球で5回を3安打1失点、6回から登板した2番手の風間も2回を無失点に抑えて7回コールドで快勝し、準々決勝進出を決めました。

 


2回戦
日付対戦相手結果
7/10 金足農業 3-0
 
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
金足農業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
明桜 0 0 0 2 0 0 1 0 × 3

投手 ― 捕手    橘高 ― 五十嵐

2塁打    中井

 
試合経過 [対戦校:金足農業高校]

本校は、4回にチャンスを掴みます。2死2塁の場面に7番の橘高がレフト前ヒットを放ち、2塁から佐々木渉が生還。なおも後続打者が2死1・2塁とチャンスを広げたところで、9番中峯にセンター前ヒットが生まれて、2点を先制しました。

追加点は、7回に生まれました。四球と内野安打で作った無死1・2塁のチャンスに、6番中井が左中間を破るタイムリーヒットを放ち、3点目を挙げて相手を引き離します。

試合は、このまま進み、3対0で勝利。先発の橘高康太は、直球、変化球共に安定した投球で、相手打線に隙を見せることなく、9回を1安打完投しました。

 
過去の成績
ページのトップへ戻る