掲示板への誹謗中傷の書き込みについての謝罪文公表について


学校法人ノースアジア大学は、インターネット掲示板等に本法人が経営する高等学校に対する誹謗中傷の記事が記載されたため、弁護士に依頼し、代理人を通して東京地方裁判所に仮処分を申請していました。このたび東京地裁により、記事削除と発信者情報の開示が認められ、掲示板投稿者の特定に至りました。 本法人では、過去に本法人が勝訴した名誉棄損事件の処理を参考に、加害者に多額の損害賠償請求、併せて裁判所が命じた新聞等への謝罪広告の掲載、加えて秋田地検への告訴等を検討してきました。 これらの事項を検討していたところ、加害者進藤陽子から下記の謝罪文が本法人宛に提出されました。 そこで、このたび、本法人に対する名誉回復措置として、投稿者の同意を得て、謝罪文の全文を公表いたします。

謝罪文

私は、進藤陽子です。
 このたび、世界中の人が閲覧する電子的媒体の掲示板に、ノースアジア大学学長に対し、極めて悪質な捏造した虚偽の記載をし、同大学明桜高等学校の入学者を激減させかねない、無責任な書き込みをいたしました。
私の極めて悪質な、事実を捏造した書き込みにより、ノースアジア大学学長に対しては、その名誉を著しく毀損し、同大学明桜高等学校の信用をも失墜させてしまう事態を招いてしまいました。
 私は、今回の件が招いたことの重大さを真摯に受け止め、いかなる処分をも受け入れます。
 ここに、陳謝の意を表しますとともに、深く反省し、今後、二度とこのような誤りを犯さないことを誓約いたします。

令和元年9月19日
住 所 秋田市新屋前野町16−5
氏 名 進藤 陽子

学校法人ノースアジア大学 御中



謝罪文(PDF)
 https://www.northasia.jp/topics/2019/pdf/report2_20190921_0004.pdf




法人topページへ